FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコクでタイマッサージの資格が取れると

カオサンで知り合った日本人から教えてもらい

特に予定を決めずに海外をフラフラしていた若かりしドリル勇には

ちょうど良い時間潰しになると判断し取得しに行く事にした。


ワット・ポーの近くにある教室でタイ人の他にも外人がちらほらおり

中には日本人も居ました。


必然的に日本人はまとめられ、一緒に授業を受ける事になる。

1週間のコースで受けたので、
毎日顔を合わしているので仲良くなり

旅行の話や日本で何をしていたか、くだらない話をしながらどんどん仲良くなっていった。

名前はマイさん ドリルより3つ上のお姉さんでした。


ある日、夜中まで2人で飲んでいると

「マッサージの練習をしよう」と言い始め、マイさんの泊まっている宿へ行く事になった。


部屋に入り、まずどちらが実験台になるかジャンケンで決めることになった。

その結果、負けたのは自分でマッサージを受ける側になる。

マッサージする側ならエロい事が出来ると信じている、ここは我慢だ。


しばらくぎこちの無いマッサージを受けていると

何度かドリルのドリルに手が当たり、少しづつドリルに力が入っていく。

悟られたらマズイので身体をくねらせて誤魔化すのだが、

いい加減誤魔化せないくらい力が入っている。

マイさんに目をやると何かエロい目をしていた。


「ワザと?」

「何が?」


顔は笑っているが目が笑っていない。

手の甲を上手くドリルのドリルに触れるか触れないかの微妙な責めで

少しづつ焦らす、彼女はSだった。


終いには習っていない筈のオイルを取り出し、

下腹部に塗りたくるとまた手の甲だけで刺激を加えてくる。

最早此処まで来ると確信犯だ。


ドリルも反撃に出ようとマイさんに手を触れようとしたが

思いっきり手を叩かれる。

そういう事じゃねぇと

割と本気でら叩かれる。


もう我慢が出来ない状態にまで成長したドリルは焦らしプレイも限界一歩手前まで来ている。

再度マイさんに目をやるとニヤニヤしながらこちらを覗いていた。


あと一歩と言うところで



「はい、おしまい」




は?



思わず声に出してしまった。



「気持ち良かった?」

「良いか良くないかで言ったら良いけども……これ」

「タイマッサージ凄いね」

「どうすんのよ、これ」

「何が?」

ニヤニヤしているマイさんにちょっとイラっとしたので

自分の番で反撃に出る事にした。


マイさんを横に寝かせ、まずは普通のタイマッサージ。

背中から腰にかけてマッサージをしていき
ふともも辺りから攻撃をしかける。

ケツ辺りに手を入れてみると濡れてるのを確認。


「何か汗凄いッスよ?暑い?」


「……」



返事がない、お前は屍か?

尾骶骨辺りにから秘部にかけてゆっくりと手を入れて

同じ様に触れるか触れないかで刺激を加えていくとあっさり声が出る。

先ほどの自分が行っていた焦らしプレイで
相当感じていた様で

もうイク一歩手前まで来ているのか?

とんでもない淫乱だ。


もうマッサージなんかどうでも良い。

手をダイレクトで下に入れて再度確認。

びしょ濡れとかそんなレベルではない、これは洪水だ。


「どうします?これ」

「……まかせる」


シェフのお任せコース入りまーす。

シャツを剥ぎ取るとブラに包まれた小ぶりな乳が現れ、ブラを外すと少し汗ばんだ乳がこんにわ。

恥ずかしそうに身体をくねらせている姿を見て

M気質も兼ね備えているのかと感心する。

ちなみにドリルも同じタイプだったりもする。


しかし

お互いゴムを所持していなく、生ではちょっと……と口には出してはいないが雰囲気で察しました。

まあ、別のものを口に出しましたけどね。


その後は普通に授業を受けて何事も無かったかの様に卒業。

あれ以来マイさんとは会えなくなってしまったが、

マッサージ屋でマッサージを受けるとマイさんとの思い出が蘇り

軽く大きくなってしまう事があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
S__7921721.jpg

ミャンマーのゲストハウスに到着したが

空いているシングルルームが

ハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので

従業員に「どうにかならないか」と相談していた。



すると

同じような悩みを持った女性がいたようで

その女性が「一緒に部屋をシェアしないか?」と相談を持ちかけられた。



特に断る理由もなかったので了承し部屋へ行くと

先ほどの部屋に比べたら幾分マシだがそれでも部屋は狭かった。

もちろん窓もない。



荷物を置いてその女性と色々話をしていると

どうやらニュージーランド出身で28歳

名前は「ジェシカ」

初めて一人で海外に出て東南アジアを周っているとの事だった。



タイからミャンマーには入ったばかりで

ミャンマーという国にかなり圧倒されていたようだ。

東南アジアはどこも似た様な景色だが、

ミャンマーはどちらかというとインドに近い雰囲気がある。



「インドはもっと刺激的な国だよ」

とか先輩ぶって色々な国の情報を教えてあげたりしていた。



夜になり一人でPCをいじっていると

ジェシカがバックパッカーでもなさそうな自分の荷物が気になったようで

「カバンを見せてくれ」と言ってきた。



ちなみに自分のカバンはポーターのボストンバック。

正直使い勝手が悪いが、最近このカバンで旅行するのが好きなのだ。



金銭的なものは入っていないし、断る理由もないので

「どうぞ」と伝えカバンを渡す。

中を覗いていきなり取り出したのは自分のパンツだった。

なぜかゲラゲラ笑っている。

「洗ってあるから大丈夫だよ」と言うとさらに笑っていた。

笑いのツボがわからない••••••。



次に取り出したのが日本から持ってきたコンドーム••••••いや、お前がっつり調べるなよ。



「これは何?」とニヤニヤしながら聞いてくるので

「さあ、ぼく、わからない」と答える。

「ふーん」と言いながらコンドームをしまいこむ。



しまった!ここは

「使い方を教えてくれよ!」

が正解だったかもしれない。

そう思い軽く後悔した。



カバン漁りに飽きたようでそろそろ寝ようということで電気を消し

ジェシカは寝始めた。

自分はもう少しネットを続けてから寝ることにした。



ネットの接続状況が悪くなってきたので自分も寝ようと思いベットに目をやると

ただでさえ狭いダブルベットがジェシカに占領されている••••••。

なんか起こすのも悪かったので自分は持ってきたジャージを羽織り

狭い床で体育すわりをしながら眠りにつくことにした。



しばらくしてジェシカに起こされ、

ベットを占領してしまった事について謝罪される。

「気にしなくていいよ」とは言ったが本気で謝られて逆に悪い気がしてきた。



気を取り直し今度は二人で布団に入るのだが

今度は別の問題が発生。



部屋のクーラーが効きすぎて

極寒ルームと進化を遂げ部屋のブランケットだけでは

足りないレベルになっている。



逆に部屋のクーラを切ってしまうと

窓がないこの部屋は一瞬で蒸し風呂状態に変化する仕様だ。

この時点でクーラを切るという選択肢は失われ

極寒のダブルルームで眠りにつかなくてはならないのだ。



同じ問題を共有しているジェシカもこの問題の解決すべく

シャツを重ね着で対応しているがロンTではないので

あまり効果が出ていないようだ。



「大丈夫?」

「ちょっと寒い」

「クーラー切る?」

「切ると暑いからこのままでいい」

「じゃあこっちきて」



そう言い、勢いでジェシカを抱いてみた。

抵抗されるかな?と思ったが意外にすんなり抱くことができた。



ノーブラのジェシカなので胸の感触がダイレクトに当たる。

すんなりと腕を回してくるジェシカを見て少し強目に抱いたら

「ん」と声を出したので頭を撫でてあげる。



「大丈夫?」

「大丈夫 ありがとう」



顔を除くと目を逸らされた。

白人でこういう反応は初めてなのでドリル勇も緊張してしまう。

おデコを当てるとジェシカは少し笑い唇を差し出した。

これはOKの意味と捉えキスをしたらジェシカが急に笑い出した。



「こんなこと初めてよ」

「こっちも同じだよ」

そう言いながら今度はジェシカからキスをしてきた。


ここまで来ればもう流れに身をまかせるだけだった。

タンクトップを脱がし、優しく胸を揉むと

「もっと強くて触って」と言う。

この辺はやっぱ白人なんだなと思った。


おっぱいを揉みながらキスするにも飽きてきたので

ジェシカのホットパンツを脱がしてみると

お股がまたエライことになっていた。

そして自分のお股もエライことになっていた。


それを見てジェシカが笑い、

「今度は私の番」と言いながら生Fをしてきた。


舌使いが日本人とは全くと言っていい程ちがう。

キスをしていて思ったのだがジェシカの舌が長いので

技が範疇を超えているのだ。


裏筋の舐め方もツボを捉えており

何度かイキかけた。

だが、日本代表として戦っていると言う意識があるので

負けてはいられない。


攻めに回ろうとしたが相手の技に押され

こちらの攻撃が一切出来ない状況だった。

「攻撃は最大の防御」とはよく言ったものだ。


ジェシカの声がだんだんと荒くなってきたので

ゴムを取り出してイン。

「待ってました!」と言わんばかりにジェシカが上に跨り

腰を振り始める。



腰使いはすごいのだが正直あまり気持ちがいいものではなかった。

恐らくジェシカはテンションが上がり過ぎてしまい

技の一つ一つが荒くなっている状態だった。



さらに自分は腰に爆弾を抱えているので

このままだとまた動けなくなってしまうので、バックに変更。

胸を強く掴みながら腰を振る。

第3者からみたら猿にしか見えないだろう••••••。



そのままバックでフィニッシュ。

汗だくになったので二人でシャワーを浴びに行くのだが、

まだ物足りないジェシカは共用シャワーでも

おっぱじめることとなる。



シャワーを浴びながらボディソープをジェシカの身体に塗りたくっていたら

ソープをちんちんに塗りたくられしごき始めた。

シャワーを浴びながらとか映画のワンシーンみたいだな

と思いながらノーヘルでイン。

ジェシカも「オールオッケー」状態だった。


共用シャワールームを出て部屋に戻り

お互い抱き合いながら就寝。

寝付くまでに少し時間がかかったが

それはジェシカも同じだったようで色々話しながらふたりで眠りについた。



翌日

ジェシカは夜中にミャンマーを出るらしく

深夜一人でタクシーを拾うのが怖いからついてきてほしいと言われたので

見送りついでに少し離れた通りまで一緒についていった。

あっさりとタクシーがつかまると去り際にDキスをして別れた。


メアドと電話番号はお互い教えあったので

また何処かで会えることを信じて自分は宿へ戻っていった。



しかし

この5分後に3人組の強盗に襲われ

少量の現金とカードを奪われることになるのだが

それはまた別の話である••••••。



このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。

同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。


特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。

要は吊り橋効果だ。

今回の話はインドであったお話。

インドは非常に刺激的な国なので

常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう••••••。

ただし

今回はちょっと違う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インドのバラナシについてから5日目の事だった。

毎日のようにガンジス川へ行き、

タバコを吸いながら、人を観察していた。

インドの過ごし方が毎日こんなでも飽きないから不思議だ。

川沿いをうろついていると少し先でなにやら揉め事が起きているようだ。

他人の揉め事は好きなので足早にかけよってみると

どうやら女性観光客3人組がボッたボラれたで言い合いになっているようだ。

よく見るとその3人組は日本人だったので思わず

「どうしたの?」と声をかけると

3人組はすぐに事情を話してくれた。

バラナシについて宿まで案内してもらったら高額な請求をされたとのこと。

額を聞いてみると高額というほどではなく、微妙にボッた額ではあった。

「安くはないけど高額って程でもないよ」とまず3人組に説明し

「彼女たちは初めてだから大目に見てやれよ」とインド人にも説明し

双方同意の額で無事決着がついた。

特に挨拶もせずにこの時はあっさりと別れてしまったが

この後すぐに宿近くの食堂で再会を果たす。

ここで初めて自己紹介

A子 B子 C子

てかこのメンツでよくインドに来たな•••

レ○プされてもおかしくない。

「あぶねーから気をつけなよ」と注意はしておく。


話が進み「部屋で飲み直そう」ということになったので

みんなで色々買い込み宿へ向かう。

自分の泊まっている宿と彼女たちが止まっている宿は別なのだが

彼女たちの部屋が女性のみの4人用ドミ

かつ占拠している状態なので問題ない行っていた。

男女共用ドミは何度も泊まっているが

女子専用はさすがに初めてだな、少しワクワクしていたが

何も変わらないフツーの部屋で強いて言えば

女子っぽい匂いがした。


「インドといえばこれでしょ?」

と言いながら袋から緑色の液体を取り出すA子。


○○○ラッシーじゃねえか


「インドに行ったらとりあえず飲んでおきなよ」と先輩に勧められたらしく

先ほどの買い込みの時に偶然見つけて買ったようだった。


無駄にアグレッシブだなA子••••••。

B子とC子が不安がっているじゃないか。


「大丈夫大丈夫、鍵かけて部屋から出なければ問題ないよ」

ノリノリのA子にみんなついていけていない。

「南無三!」と言いながら結局回し飲みをしたのだが

まずC子がおかしくなり、B子と絡み始める。

B子は本気で嫌がっていたが少しずつ全てを受け入れ始めていた。

A子は「身体が熱い!!」と言いだし

ブラのみを纏いベットに倒れこんでいる。

自分は自分で意識を保とうと必死に何かと戦っていたが、

途中で完全に目が覚める。

また、同じようにA子も覚醒しお互いで身体を求めあう。

もちろんゴムなどつけていない。

生まれたままの姿で4人が思いのまま快楽に溺れている光景は異様だった。

一度走り出したら止まることを知らない暴走機関車と化した4人は

結局日が昇る時間まで続いた。



夕方頃 異臭に気がつき起き上がると

汗、愛液、精液、唾液、その他色々なものが混じり合った匂いが部屋に充満していた。

3人は寝ていたので起こすと部屋の様子を見てドン引きしていた。

A子が「何も覚えていなかった方が幸せだったかもね」と苦笑しながらつぶやいた。

日本に居たらこんなSEX出来てなかったなー

何て思い出しながらこれを書いてます。


ちなみに

今でもたまにですがA子とは連絡を取り合ってます。
タイのマッサージ屋で仲良くなった女と夜一緒に飯を食いに行った。

その時

「この後私の兄とその友達も来るけど良いか?」

と聞かれたので

「別にいいよ」と答えた。

この時は特に下心などなかったので問題はない。

すると陽気なタイ人3人組がタクシーで現れ、店で盛大に盛り上がった。



みんなタイウィスキーを飲んでいた。

これがガンガン飲めてしまうので危険、気がつけばフラフラになってしまっていた。



深夜3時を過ぎた頃に

「うちに泊まっていけよ」

と彼女の兄に言われみんなでタクシーに乗り込み彼女の兄の家に向かう。

そのタクシーの中で気がついたのが

彼女の兄の友達が彼氏だという事だった。

酔っ払いまくっているのでタクシー内でずっとキスしてる。

キスをするたびに自分と兄は拳をコツンと当てて祝福していた。



兄の家に到着しフラフラになりながら部屋に入りそのままダウン。

申し訳ないが今日はもうこのまま寝かせてもらうことにする。

部屋のベットは広く4人が寝れるほどの大きさだ。

並びは左から

俺、彼女、彼氏、兄

といった感じでもう一人のタイ人は床で寝ていた。


眠りにつくのは早かったが2時間ほどで目が覚めてしまう。

時計を見ると朝の7時

さて、どうしようかな?などと考えていると

横で寝ている彼女がノーブラになっていることに気がついた。



「よし、とりあえず揉んでおこう」



3揉みくらいしてみたが反応がない。

今度は乳首を攻めてみる••••••

微妙に反応があり乳首は完全に立っていた。



このよくわからないチキンレースにハマってしまい

今度は下に手を伸ばしてみる。

ズボン越しに撫でてもあまり反応がないので

ズボンのボタンを外してゆっくりと脱がせてみる。



しかし

ここで彼女に動きが••••••。



どうやら彼氏に触られていると勘違いしたらしく

彼氏の方に抱きつき始めた。

だが彼氏は彼氏で寝ぼけており

「お前ウゼーよ」的な感じで彼女があしらわれている。

何か申し訳ない気持ちになる。



彼氏にそっぽを向かれ行き場のない気持ちをどうして良いのかわからない状況の彼女を

何も言わずに肩から抱いてみた。

一応自分も寝ぼけているフリ。



初めは驚いていた彼女だったが

顔を近づけてみたらあっさりキスが出来た。

あれ?これいけるんじゃね?

と思いながら乳首攻めと手マンを繰り返したが

流石にinは出来なかった。


でも兄の布団の上かつ彼氏が横にいる状態でエロい事が出来るって

ものすごく興奮するんですね。


そんなタイの思い出でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
当時20歳の自分は東南アジアを中心に色々な国を周っていました。

特に理由はなかったのですが、ただ漠然と行ってみたいという衝動に駆られ、

1ヶ月程ですが初めて一人で海外に出ました。

右も左もわからずに空港から放り出された時はどうしようと思いましたが、

意外とどうにかなるもので3日も経てばゆるい感じで旅をしている自分がそこにいました。

さて、

旅にも慣れてきた所でタイのバンコクからチェンマイまでナイトバスを使って行こうと思い

チケットを手配し、夜中にバスに乗り込みました。

出発したては二人席を一人でのびのびと使っていたのですが、

30分くらい経ったころ、

小柄なイスラエル人女性が申し訳なさそうに隣に座ってきた。

話を聞くとどうやらとなりの白人が臭くてたまらなく避難してきたようだ。

ガンガンに効かせているエアコンも相まってか、

もの凄く気分が悪そうだったので窓側を譲り、飛行機から拝借してきたブランケットを彼女にかけてあげた。

初めはビックリしていたが、小さな声で「センキュー」と言った時の笑顔がたまらなく可愛かった。

それから2時間が過ぎた頃

バスのエアコンは猛威をふるい、寝かけていた自分の体を叩き起こした。

周りを見ると皆ジャージや薄いジャケットを羽織っており

ノーガードで乗っているのは自分くらいであった。

迂闊だった••••••拝借したブランケットは隣りのイスラエル人に渡してしまっている••••••。

無理やり寝ようとしても眠りにつけない••••••

どうしようか悩んでいると肩を叩かれた。

隣りのイスラエル人だった。



「寒かったら一緒に入らない?」



突然の彼女からの申し出に上手く返すことができなかったが



「早くおいで」



と引っ張られ二人で包まった。



確かに暖かくなったが

今度はドキドキして眠れない。

というか何だこのシチュエーション

想定外過ぎて頭が混乱している。



頭のすぐ横には彼女の顔があり

寝息のが聴こえ、寝返りをうつ度に彼女の顔が近づいてくる。

起こさないように少しづつ身体をずらしていくが

その度に彼女の顔ももれなくついてくる。

身体のずらせる位置が限界に近づいてきた所で

彼女のおでこが頬に当たる。

それを確かめるように頬をおでこでグリグリしてくる。

そしてそのまま唇を奪われた。

一瞬何が起こったのか解らなかったが

速攻で舌が侵入してきたので応戦する。

一瞬で鼻息が荒くなる彼女••••••あ、もしかして起きてたの?

クリクリした目がこちらを覗いていた。

何も言わずにニコッとして顔を掴まれて

そのままキスを続けた。

周りに悟られぬように彼女のブラをゆっくりと外し

彼女はパンツ越しに自分のムスコを弄っていた。

「どうしたい?」

そう聞かれた。

「君は?」

「ここじゃ私は無理だけどあなた一人なら大丈夫よ」

そう言うと彼女はパンツを脱がしてムスコを咥え始めた。

音を出さないようかつ強く、イスラエル人のテクニックは半端がなかった。

ものの数秒で果ててしまい

ゆっくりとこちらを見つめる彼女。

「これで寝られるね」

このあと彼女はすぐに眠りについたのだが

自分は収まることをしらないムスコと共に眠れるはずもなく

結局チェンマイを到着するまでの12時間起きっぱなしだった。

この後バスを降りるときに

最後のキスをして彼女は颯爽と去っていった。

名前も忘れてしまったが

あの思い出は一生忘れない。



こんな事例を作ってしまったので

それ以来必ずブランケットを持って旅行するようになった。

いつでも隣りの女性にかけられる用意をしておくと

もしかしたら良いことがあるかもしれないので。



このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
235位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。