FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1607.jpg


前回ハンドジョブでお世話になったマッサージ屋に行ってみましたが

まさかの閉店••••••。

あの素晴らしいテクニックを味わえないと思うと非常に残念だ。

なので

新規開拓するために尖沙咀を探ってみようと思いました。


街を歩けば1つの通りごとに2、3件はマッサージ屋があるので

あとは店から怪しい感じが出ていたり

女性の服が露出多めだったりすると

大体エロいことが出来ます。


台湾でも同じでしたから万国共通ですね。


平均的な値段ですが

フットマッサージが98HKドル(1500円)

ボディマッサージが238HKドル(3800円)

そこに+して100〜300HKドル(1600〜4800円)

でエロ関係に移行していきます。


マッサージは60分で

30〜45分経過した辺りで

「ココはどうする?」と聞かれます。

仰向けになり下半身のマッサージが始まると

意図的に刺激して来ることが多いです。


ハンドジョブはローションを使い

人によってはG付きFだったり、生F何てこともあります。

また、
店によっては本番も可能です。


いつも不思議に思うのですが、

あの小さなマッサージベットで本番て難しくないですか?

たまにやるのですが最終的に毎回立ちバックになります。



店で値段を確認すると

「総額400HKドル(6000円)でどうだ?」

「400でハンドジョブのみは高い」

その値段だったら迷わずピンポンマンションに行きますよね。

「340HKドル!(5400円)」

マッサージ(238HKドル)+ハンドジョブ(100HKドル)でその値段だと

どうやらハンドジョブ100HKドルが底値のようですね。

ちなにみ他の店も同じ値段を提示していました。


可愛い子が居ないかのチェックだったので

店を片っ端から周り値段の確認をしつつ回っていきましたが

可愛い子が誰一人居なかった••••••。

まあ可愛ければKTVだったり、ピンポンマンションで働きますよね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
S__8568864.jpg


前回女の子がいないということで店を出てしまったので

再チャレンジしに行きました。


香港 の 置屋 では

まずやり部屋に通され、女の子が来るのでそこで選ぶシステム。

気に入らなかったら別の女の子を呼んでもらうといった感じです。

チェンジは可能だが、1度チェンジをすると

早ければ5分、長ければ30分ほど待たされることがあるので注意。


店に入ると見覚えのある店員が居たので声をかけてみる。

「覚えてる?」

「おー覚えてるよ!」的な会話をしつつ

現在の状況を教えてもらうと

相変わらず鬼妹(ロシア)はいないとのこと••••••。

もう居ないんだったら下の張り紙に横棒を引いたほうが良いと思う。



「いや、今日はたまたま」

「そうなの?じゃあ今日は誰がいるの?」

「ちょっと待ってて」

すぐに呼べるのは中国人、タイ人のみ。

「この前と変わってないじゃないの」

「••••••」



しかし

ピンポンマンションの半額以下で楽しめるし

女の子のレベルが気になったので

タイ人を呼んでもらうことにした。



先日の台湾で60代後半を抱いたせいか

どの女の子も高レベルに見えてしまう。

まあ、ヤワラーレベルに比べたら全然マシな感じだ。
※ひどい書き方で申し訳ないです••••••。



部屋に通され、服を脱ぎ

口でしてもらってからの本番。



まあ置屋ですし、この値段なので

特に文句もなければ褒めることもない。

強いて言えば

「安くて、サクッとやれて、さっさと帰れる」

香港で格安の料金で遊ぶならこの店は良いのではないでしょうか。


一応値段表を載せておきます。

S__8568865.jpg


こう値段だけ見ると香檳大廈B座等のピンポンマンションに比べ

かなりコスパは良いですよね。

しかしレベルが中々高いので多少値が張っても

どうしても香檳大廈B座の方に足を運んでしまいがちなドリルです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
アダルトブログランキングへ
先日にシンガポールでSMSを利用した風俗をご紹介しましたが、

今回はそれの香港版のようなものです。


こちらの情報も読者様からの頂きました。

最近読者様からの投稿記事が増えて嬉しい限りです。


さてさて

まずはこちらのサイトを御覧ください

こちら


日本語にも対応したみたいですね。


利用方法は

サイトを見て

地域や場所を確認し

気に入った子がいれば連絡し

アポを取るといった流れ。

値段もプレイ内容もわかりやすく書いてあるので便利です。


ピンポンマンションの子も

登録がされている事があるので

決め打ちして突撃する事も可能です。


また、香港のような

お店を見つけづらい場所では、

このようなサイトを駆使して遊ぶのが良いかもしれないですね。


ドリルも基本的に自分の足で歩いて

探し出す方法を取っていますが正直限界がありますし。


ただし

やはりパネルマジックはあるようなので

100%信用せずにご利用ください。


ドリルはまだ未使用ですが、

次回は利用してこのブログで報告したいと思います。



S__8568864.jpg


香港には141などのピンポンマンション以外にも

サウナ、夜総会、マッサージ屋(置屋)など

色々な風俗があるが、

店の場所が非常にわかりづらい。


夜総会やサウナなどはデカデカと看板が出ているので

見つけることは簡単だが、あまり良い噂は聞かない。


となると

必然的にマッサージなどの置屋に

足を運んでしまう傾向がある。


香港にはいたるところにマッサージ屋があり、

ガイドブックやネットで紹介しているようなマッサージ屋でも

大体エロい事が出来る。これには驚いた。



女性観光客が隣の部屋でマッサージを受けているのに

女の按摩師は「こっちはどうする?」と聞いてきたのだ。

「え?いくらなの?」

「ハンドジョブは100HKドル(1600円)本番は300HKドル」



按摩師は30代後半で妖艶な色気を醸し出していた。

しかし

どうもこの小さいマッサージベットで

本番行為を行えるとは思えなかったので

ハンドジョブをチョイスした。


ローションを取り出すと

息子に塗りたくり、いやらしく上下に動かす。

正直ハンドジョブは若い娘より

少しお歳を召したマダムの方が断然に上手い。

年季が違うのだろう。


30秒でドリルのツボを触診し

開始から2分ほどで果ててしまう。

「情けない」とお思いだろうが

我慢は身体に良くないぞ。

ここは一気に解放させてあげる方が良い。

日本のピンサロとは違うのだ。


慣れた手つきで後処理をして

ノーマルのマッサージを再開。


これがたまらなく気持ち良い。

結局マッサージ45分+ハンドジョブで

総額 250HKドル(4000円)


身も心もスッキリ出来るので

ピンポンマンションよりも安く済む。

香港は本当に素晴らしい街だ。


また、

旺角の上海街には

中国、香港、マレー、タイ、ロシア

を兼ね揃えた置屋もある。


それが先ほどの画像の店だ。

この店は24時間営業で

値もピンポンマンションの半額ほどだ。


店の入り口に値段表が貼ってあるのだが、

これがまた面白い。


S__8568865.jpg


「中國大陸」「香港本地」「馬拉泰國」はすぐにわかりましたが、



「鬼妹」で「ロシア」とはちょっと面白い。


値もそこそこ高いですね。

東南アジア系は250HKドル(4000円)と結構安い。


ちょっと気になったので女の子のチェックがてら

入店してみました。


しかし

「鬼妹は今は居ない」と言われ

すぐにプレイ可能な子は5人らいく

全員を呼んでみたのだが、

これが酷いレベルだった••••••。


安いわけですな。


「明日はもっと増えるから明日来いよ!」

と店員に言われ外へ出た。


まあ、明日帰国だし。

次回来た時にでも再度チェックして見ようかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
S__8568867.jpg


マカオから香港へ帰って来ました。

そして

香港と言えば外せないのが

hkg3


「ピンポンマンション」だ。

いつもの香檳大廈B座へ向かう。



前回は8階から攻めていったが

今回は3階から攻めていく。

と言うのもここに来る男共は

まずは8階に行き、下へ降りてくる傾向があるので

その逆を行ってみることにした。


時間は18時なので女の子の数も多いと読んでいたが

何故かこの日はあまり女の子が部屋に居らず

少ない数の女の子を大勢の男で奪い合う形となっていた。


部屋をチェックするも

ほとんどの部屋が「Please Wait」の札を掲げている。

これはもう一部屋一部屋じっくり見て

ダメなら別の場所へ行こう……。


なので

あえてプレイ中の部屋のドアに書いてある文字を観察し

ピンポンせずに片っ端から回ってみる。



ドアにはその子のセールスポイント的な単語が書かれているのですが、

初めての方は全く意味がわからないと思います。


例えば「大波」

これは巨乳と言う意味です。

この文字が貼ってある部屋に入ったことは無いですが

香檳大廈B座に何回か行って

毎回そこそこ巨乳(本物)が当たります。


シリコンも多い様ですが

当たったことないですね。

タイだと毎回引っかかりますけど……。


面白い単語として「床上功夫」と言うものあります。

意味としてはテクニックになるんでしょうね。


S__8568866.jpg



「床上功夫 一流」

余程の自信があるんでしょうな。


また、
日本語で「カワイイ」なんて書いてあったりもするので

逆に地雷臭を感じたりもします。


こうやって見てるだけでも面白いのが

141の良い所です。


結局3階から8階まで全部の部屋をチェックし

空いている部屋が8部屋だったが

恐らく現時点で既に埋まっている確率が高い。

なので

4階の真ん中にある

ドアにセールスポイントが何も貼っていない部屋を

ピンポンしてみることにした。


ドアから出てきたのはスタイルの良い中国人。

文句なしだったので笑顔で部屋へ突入。

お値段は「500HKドル(8000円)」との事。


お金を渡すといきなり抱きつき

股間を弄ってきた。

141でこのパターンは今までに経験したことがない。

当たりの予感が脳内を駆け巡る。


服を脱がされ、シャワー室へ入ると

何故か女の子は下だけを脱ぎ捨て

ブラは外さずにシャワーを浴び始めた。


話を聞くと自分の胸に自信がないのだと言っていた。

「そんなに悪いおっぱいではないと思うよ」と伝えると

フロントホックを外してご対面してみる。




たれぱんだタイプのおっぱいでしたか。




別に嫌いではないので

「世界一カワイイよ」と褒めたらめちゃくちゃ喜んでいた。



このタイプのおっぱいを中国人男性は嫌うようで

いつしかブラを外さなくなってしまったようだ。

なのでその呪縛からドリルが解放してあげる。



Dキス→手コキ→生F→騎乗位→バック→正常位のフルコース

141でDキスが出来る子に当たったのは初めてですね。


終わった後にシャワーを浴びていると

「もう少し居ても良いよ?」と言ってくれたので

マッサージをしてもらいながら談笑。


この子は上海出身で香港に来てから2ヶ月程。

上海より安全且つ稼げるようなので

目標金額が溜まったら上海に帰ると言っていた。


まあここで働いている子は

大体稼ぐだけ稼いだら国へ帰るのが基本になので

1年後とか来ても会える確率はかなり低いです。

お気にをキープ出来ないのが難点ですよね?

でも当たりかハズレかギャンブル性があるのでドリルは好きです。



「もう100HKドルで2回戦する?」



まさかの申し出に即決で払ってしまった。

この子は本当に当たりの子でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
284位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。