FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S__9379860.jpg


中国で遊ぶ場合、最も気をつけなければいけないのは公安です。

つづきはこちら
IMG_1627.jpg


個人的に中国と言えば置屋がまず先に思い浮かべてしまう。
それくらい中国の置屋は衝撃的でした。

床屋にある洗面台が開いて隠し部屋が現れたり、
部屋の隅に梯子があり、登るとやり部屋があったりと
『これが本当の置屋だ!』と言わんばかりとシステムだ。

さらに相場が場所によっては1回20元からとかなり安い。
値段だけなら一番安いのが中国だと思っていました。

上海にも置屋があるという情報は知っていたので
調査しに行きました。
主に調査したのが上海南にある北橋駅周辺とZHUAN橋駅周辺の置屋街だ。

実際に置屋街に行ってみて驚いたのが女の子の平均レベルは中々高かく、
中には美人系、巨乳系、スレンダー系も発見することができた。

ただし、場所や時間によってはおばさんばかりになってしまうこともある。
主に夜になると若い娘が減る傾向が見られた。

また、
突然の摘発などで瞬時に壊滅してしまうこともあるので
行って何もないということもある。
こればかりは実際に行って見ないとわからない。

上海南以外も何箇所か回ってみましたが、壊滅していた場所が結構ありました。
上海だけではなく、中国全土で摘発が見られているのが現状です。
遊ぶなら早めに行った方が良い。

相場は200〜300元で部屋はかなり汚い。
しかしこれは日本人価格で源氏価格だと100元との事だ。
なので中国語が堪能であれば現地価格で遊ぶことができる。
また置屋なのでビジネスライク感は否めないが、こればかりは仕方ない。

しかし、たまに当たりの娘がいる。
言葉も通じない環境下の中で日本人好きな娘も少なからずいるので
ぜひ見つけていただきたい。

置屋遊びの一番の注意点はやはりガサ入れだろう。
こればかりは突然来られたら逃げるしかない。
最近では各地で見回りとして警官がウロウロしていることもあり、
営業していない地域が増えてきているという情報がありました。

これからもどんどん粛正されていくと思うので
今後の中国に期待をするのは難しいかもしれません。


アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
福州のKTVが上手く調査が出来なかったので、
街の隅に点在している置屋を片っ端から見て周ってみた。
だが置屋というより結果的にマッサージ屋がメインとなってしまった。

中国の置屋は一つの地域に固まっているので、
1件見つけたらその周囲を探ると色々出てくる。
福州の場合置屋というよりマッサージ屋がかなり点在している。

『何故こんな所に?』と言う場所にあるマッサージ屋は大体がエロありと思って良い。
マッサージ自体は20元から30元で1時間ほど揉んでもらえる。
そのあとに『で、どうする?』みたいな感じで聞かれるので相手に問題がなければ本番が始まる。
自分の見つけた店の相場は100元でした。
おそらく外国人価格になっていると思いますが、
それでも上海や深セン、珠海などの置屋に比べると安い。

問題は女の子のレベルだ。
女の子と言うと語弊が生じるが、若く見積もっても20代後半で
ほとんどがおばさんだと思って良い。実際一番多かったのが30代半ばでした。

しかし、
テクニックは凄いものを持っている。
歳のいった按摩師のテクニックを味わえるのはもしかしたら福州だけかもしれない。

三坊七巷の近くにあったマッサージ屋に入ったのだが、
特に交渉せずにいたらいきなり股間を弄られた。
中国語オンリーなので話しかけられても全くわからないのだが、エロに言葉はいらない。

だが値段交渉せずにプレイが始まるのは一番危険なパターンなので注意してください。
この時は大丈夫でしたが、終わった後に価格を聞いてしまうといくら高い額を請求されても
逃れられないです。

福州には街に至る所に『按摩』や『足浴』と書かれた店が本当に沢山ある。
全部が全部エロい店ではないのだが、マッサージ屋は外から中が見えるので
そこで女性を確認してから入る。

エロありの店は服装がエロいのですぐにわかるだろう。
さらに数人の按摩師がいたのならほぼ確定だ。

だが最近は取り締まりが厳しく閉店している店も多くみられた。
中国は全体的に厳しい状況に置かれているが、潰れては復活し潰れては復活しの繰り返しなので
いつかは復活すると思います。
しかしいつ復活するかはわからないので、定期的に確認し情報を届けていきたいと思います。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
色々素敵な情報を頂いており

ずっと気になっていた街「深セン」

電車に乗り込み香港から深センへ向かいました。


数日前に何やら事件があったようですが、

危なくない程度に探っていこうと思います。


「紅磡(ホンハム)駅」より終点の「羅湖(ローウー)駅」まで

45分ほどで着きます。 ※ゆっくんさんご指摘ありがとうございます!

ちなみに電車賃は41HKドル(650円)

ドリルの場合は東尖から乗ったのでこのお値段でした。

紅磡(ホンハム)駅からだともう少し安いです。



S__9379849.jpg



駅の改札を抜けると

そのままイミグレーションとなりますので

外国人列に並ぶ。

この辺りはマカオ→珠海と同じですね。


S__9379851.jpg


橋を渡って中国側のイミグレーションを抜けると

深センに到着!


S__9379853.jpg


ここからさらに地下鉄に乗り

次の駅の「国貿駅」へ向かいます。

電車賃は2元(40円)で4分ほどで到着。


S__9379896.jpg



この辺りがどうやら置屋らしきものがあるとのことなので

探っていこうと思っていたのですが、

この辺り一帯に公安がうろうろしていました。


先日の事件のせいか摘発なのかわかりませんが

結構な頻度で公安をみかけます。

噂だと抜き打ちでホテルに突撃されることもあるそうです••••••。

連れ込んでいたら即アウトですね。

7日間拘留とか笑えません。


目をつけられる前にここから離れます。


国貿駅周辺にも何かありそうだと思い、

探っていくと

中国語でやたら声をかけてくるおばちゃんがいた。

上海での悪夢再来かと警戒しましたが、

警戒ばかりしていても先に進めないので

身振り手振りで会話を試みるとどうやらついて来いとのことだった。


S__9379895.jpg

この辺りです。


S__9379857.jpg



5分ほど歩き、建物の中に吸い込まれていくおばちゃんとドリル。

中に入ると2人の女性が座っていました。

おばちゃんは紙に「300元」と書いていたので

どうやら1発300元(6000円)と言うことなのだろう。


ちなみに女性は2人とも30代前半。

「もっと他にいないのか?」

と伝えたかったので紙で筆談を試みると

しきりに「没有(メイヨー)」と返される。

ニュアンス的に伝わってるのかどうか微妙なのだが

まあ本当に2人しかいないのだろう。



S__9379860.jpg




やり部屋に通され、

中を確認すると女性の私物らしきものが

いくつか乱雑に置かれ、ベットはピンクのブランケット。

そして汚いシャワールームといかにも中国置屋な感じだが、

インドやバングラ、ネパールの置屋に比べたら可愛いものだ。

服を脱いで一緒にシャワーを浴びる。

ちなみに冷水ではなかったが、温かくもなかった。


ベットへ向かい「Fからかな?」と思ったが

いきなりあそこにジェルを塗りたくり

「さっさと入れろ!」の仕草をしている。

勃ってもいない息子をどう入れるのか?

無茶な注文に困っていると

「仕方ない」といった感じで生Fをしてくれた。

彼女らの基準がわからない。


生Fは非常におざなりで

勃つには勃つのですが、気持ちいいという気持ちにはなれない。

でも勃っちゃう、これ不思議。


Fに疲れたらしく、ゴムを装着され

再度「さっさと入れろ」の仕草。


入れたら入れたで今度は声がこれまたデカイ。

この声で公安が乗り込んで来ないかとヒヤヒヤしていた。

10分ほどで終了し再度シャワールームへ向かう。

また一緒にシャワーを浴びで着替えてから外へ出る。


外に出るとおばちゃんがお茶を持って待機していた。

「飲め」と言わんばかりに押し付けてきたのでそのまま飲み干す。

これに変な薬が盛られてたらアウトだったな。

もう少し警戒したほうが良いと反省したが、

ごくごく普通のお茶でした。



初めての深センと言うことで少しまとめてみます。


置屋は街の至る所にあるので、
ネットで公開されている以外にももっとあると思います。

システムも基本店舗型で

おばちゃんが路上で呼び込み、店に連れて行く。

店で女性を選び、店の中のやり部屋でプレイ。

他にももう2件置屋があったので行ってみましたが

同じような感じでした。

300元(6000円)〜500元(10000円)


持ち帰りも可能そうですが、

公安の抜き打ちチェックがあるので

持ち帰りはしないほうが良いかもしれません。

以前河口の置屋で公安の抜き打ちにバッティングしましたが、

置屋の方々が抜け道から逃がしてくれた事がありました。

プレイ中に見つかると店も客もしょっ引かれるので

当たり前の行動ですがあの時は本当に助かりました。


とまあ深センの置屋事情ですが、

現状はあまり良くなさそうですね。

中国が全体的に厳しい状況になってますが、

いつかまた噂通りの街に戻ることを期待しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
マカオから陸路で国境を越え、中国 珠海 に行ってきました。

中国にある国境の街は、

何かと面白いので探索にも気合が入ります。


まずはタクシーに乗って国境を目指します。

タクシー代はリスボア近辺からだと50パタカ(800円)

フェリー乗り場からだと40パタカ(600円)ぐらいで行けます。


S__8527877.jpg


S__8527876.jpg


マカオ側のイミグレーションは

中国人と外国人の列が分かれていたので

ほぼ待ち時間なしで通過が出来た。

また中国側もさほど時間がかからずに通過。

事前情報だと「週末は抜けるのに2時間はかかる」と聞いていたのだが

実際は30分もかからなかった。



中国側のイミグレーションを抜けると

目の前に「珠海口岸広場」と言う地下市場が現れる。


S__8527878.jpg


S__8527879.jpg


様々な物がかなり安く売っていたので

お土産を買うにはちょうどいいと思います。

ただし、ほとんどのものがコピーかと……。


S__8527880.jpg



市場を抜けて地上に上がると

マカオらしさが一切ない、完全な中国でした。


今回は「蓮花路」を進み「歩行街」へと向かう。


S__8544259.jpg


この辺りにどうやら置屋があるらしい。


S__8527882.jpg


まずはKTVとサウナを発見。

しかし、店が開いてる感じはしない。

同様に近辺にあるマッサージ屋も

店の中に誰も居ませんでした……。



3週間くらい前に福州で

「6月末まで警察の手入れがある」と言っていたことを思い出す。

珠海もまたその対象となっているのだろうか……。



歩行街を右にそれて路地に入ると

ようやく女の子がいる置屋を発見した。


S__8527881.jpg


しかし

女の子のレベルはさほど高くはなく、

「値段は300」だと言っていた。

「それは、元なの?HKドルなの?パタカなの?」

「300元(6000円)」


このレベルで300元は高いと思ったのが本音。

でも、何人かに話しかけたところ

口を揃えて「300元だ」と言っていた。



マカオで儲けた中国人が帰り際に買っていくから

値段も高いのだろうか……。

結局買わずにその場をさりましたが、

追いかけもせず彼女たちは店に戻って行きました。

上海の置屋街とは大違いですね。



訪れた時間がお昼頃だったせいか

置屋をあまり見つけることができませんでしたが、

ここは女遊びで来るような街ではなさそうですね。



マカオに寄った際は

買い物目的で来るのは良いかもしれません。

15日以内であればビザなしで入国ができるので

パッと入ってパッと買い物してパッと出国する。

2時間もあれば楽しめるかと。



注意点は、

中国からマカオに抜ける時に

イミグレーションが結構並んでいたので

時間ギリギリで帰ろうとすると痛い目にあいます。

余裕を持って行動しましょう。



また、
外貨ですが地下市場ではパタカもHKドルも使えました。

両替も市場内ならどこでもおこなっていますが

店によってレートが違うので

2、3店舗周って一番レートのいいところで両替をするのがベストです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
209位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。