FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコクにあるバックパッカーの聖地と言われるのがカオサンだ。
しかし、日本人の聖地がここチャイナタウンだった事は今では知る人は少ないだろう。
チャイナタウンからカオサンへ時代ともに移動していった聖地だが
昔からここは夜遊びスポットでもあった。

立ちんぼや置屋、MPまでなんでも揃っているここヤワラー地区の相場はかなり安く
日本人相手でもボッてくることはあまりない。

だが、
レベルはかなり低く、年齢層も上がる。いわば熟女好きのエリアと言える。
相場は300Bから700Bで部屋は安宿といった感じなので
カンボジアやラオスの置屋に比べたらかなりマシだと言える。

置屋や立ちんぼは昼から待機している。
道を歩いていると結構立っていたり座っていたりするのですぐにわかる。
あとは少し前に『冷気茶屋』と呼ばれる店がこの辺りには多くあったが
今では数店舗ほどしか残っていない。まあ置屋みたいなものだ。

基本、呼び込み=売春婦 なのでタイプじゃなければスルーしたほうが良い。
調査したときに『女の子いる?』と聞いたところ
『たくさんいる』と言われ、ついていったらそのおばさんが突然脱ぎ始めるという事件に巻き込まれた。

夜も調査に行きましたが平均年齢がほんの少しだけ落ちた気がします。
それでも30代から50代のタイ人女性が多いのでやはり熟女エリアだと思う。

そんな熟女エリアですが調査したときに見つけたMPが
結構良かったので紹介します。


『クレオパトラ』

bkk-chinatw1


一律1200B(4500円)
飲み物:100B~(400円)
チップ:50B(200円)

バンコクのローカル向けマッサージパーラーなので
レベルは低くなるのだが、ポセイドンいるクラスと巡り合うこともあるのでレベルが低いとは一概に言えない。
しかし、歳はやや上なので金魚鉢ではきちんと確認しよう。
顔合わせで初めて気がつく顔のシワの多さにビビる事があるので注意しよう。

日本人客が多く来るらしく日本語が話せる嬢も多い。
日本のソープと同じようなプレイ内容となるので、
ハマる客が続出しているようだ。
店は綺麗とは言えないが、最低限のものは揃っている。
バスタブも広く湯船の中でのプレイも可能だ。

このレベルでこの価格なら正直言うことはない。
ただし嬢のチップ攻撃がしつこい場合があるのでそこだけ注意しておこう。

この価格でこのレベルならバンコクで一番利用価値のあるMPだと思います。
しかし、結構歳がいっていたり、よく見ると老けていたりするので気をつけよう。
またタイ人ローカル向けなので利用しているタイ人も多い上、最近日本人客も増えてきているので競争率は高い。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
インドネシアの置屋が安いと言う話は有名でしたが、
伝説の置屋街『ドリー』が摘発されてからパッタリと聞かなくなってしまいましたね。
それでもドリー以外の場所で細々とまだ経営しているようなので調査しに行きました。

今回訪れた場所はインドネシアのスラバヤ。
スラバヤの情報が全く無い状態で行ってしまったので、
自分のカンと足を頼りに探りましたがあっさり見つけました。
地名はDARMO PARKで『METRO』と言う綺麗なモールの近くにある置屋地帯です。

この近辺にはいくつも置屋があるのですが、
表からだと普通のマッサージ屋との区別がつきません。
しかし、営業している店の場合外に呼び込みがいて声をかけてくる。
夜だと街全体が暗いので結構怖いですが、
呼び込みや店員たちは気さくなインドネシアンが多いので面白かったです。
1時間くらいエロ話で盛り上がっていました。

店内はひな壇があるか、入り口のソファに座っているか。
ゲイランの置屋と同じタイプです。

女の子はインドネシア出身の娘ばかりなので
当たり前ですがエスニック系で天然の巨乳が多いのがインドネシアの特徴です。
特にマラン出身は可愛くて巨乳だ。

ただし、
綺麗な娘は大体スレてしまっている。
買われている回数も多いので仕方ないのですが結構酷かった••••••。

店の相場は3000〜4000円程。
女の子によっては1回戦だけだったり、2回戦出来る娘もいる。
たまたま入った店の娘が何故か2回戦もOKだったのでしました。
特に追加料金は払っていないので気に入られたら出来るような感じですかね。

店はかなり汚く暗い感じでした。
値段が値段なので仕方ないのですがこういう環境に慣れていないとキツイと思います。

また、
この近辺にはCLUB CC と言うがあります。
こちらもあわせて行ってみましたが、置屋にいるような娘で
相場がオールナイト1万円からとなっています。

泊まっている宿が連れ込み禁止だったため持ち帰りませんでしたが、
こちらも結構日本人客が多かったです。
また注意点ですが、
宿は週末埋まってしまうので必ず予約をしてください。

飛び込みで行くと宿無しになる可能性があるのでご注意ください。


アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
福州のKTVが上手く調査が出来なかったので、
街の隅に点在している置屋を片っ端から見て周ってみた。
だが置屋というより結果的にマッサージ屋がメインとなってしまった。

中国の置屋は一つの地域に固まっているので、
1件見つけたらその周囲を探ると色々出てくる。
福州の場合置屋というよりマッサージ屋がかなり点在している。

『何故こんな所に?』と言う場所にあるマッサージ屋は大体がエロありと思って良い。
マッサージ自体は20元から30元で1時間ほど揉んでもらえる。
そのあとに『で、どうする?』みたいな感じで聞かれるので相手に問題がなければ本番が始まる。
自分の見つけた店の相場は100元でした。
おそらく外国人価格になっていると思いますが、
それでも上海や深セン、珠海などの置屋に比べると安い。

問題は女の子のレベルだ。
女の子と言うと語弊が生じるが、若く見積もっても20代後半で
ほとんどがおばさんだと思って良い。実際一番多かったのが30代半ばでした。

しかし、
テクニックは凄いものを持っている。
歳のいった按摩師のテクニックを味わえるのはもしかしたら福州だけかもしれない。

三坊七巷の近くにあったマッサージ屋に入ったのだが、
特に交渉せずにいたらいきなり股間を弄られた。
中国語オンリーなので話しかけられても全くわからないのだが、エロに言葉はいらない。

だが値段交渉せずにプレイが始まるのは一番危険なパターンなので注意してください。
この時は大丈夫でしたが、終わった後に価格を聞いてしまうといくら高い額を請求されても
逃れられないです。

福州には街に至る所に『按摩』や『足浴』と書かれた店が本当に沢山ある。
全部が全部エロい店ではないのだが、マッサージ屋は外から中が見えるので
そこで女性を確認してから入る。

エロありの店は服装がエロいのですぐにわかるだろう。
さらに数人の按摩師がいたのならほぼ確定だ。

だが最近は取り締まりが厳しく閉店している店も多くみられた。
中国は全体的に厳しい状況に置かれているが、潰れては復活し潰れては復活しの繰り返しなので
いつかは復活すると思います。
しかしいつ復活するかはわからないので、定期的に確認し情報を届けていきたいと思います。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
『ヤンゴンの置屋が安くて面白い』と言う話をネットで聞いていた。
ヤンゴンの遊びと言えば『エンペラー』や『JJ』のディスコが有名だが、
3000円程で軽く遊べる場所として利用する日本人客がいるようだ。

だがヤンゴンへ調査に行った際、現地駐在員の方に話を聞いてみたが
皆、口を揃えて『ディスコの方が良い』と言っていた。
理由は『場所がわからない』と『わかったとしても置屋のある地域にあまり近づきたくない』
というものだった。

まあ駐在員の方たちはお金があるので
置屋より面白く安全に遊べる場所を選んでいるようです。

例えば、最終日その方に連れて行ってもらったKTVはエロ禁止でしたが、
日本駐在員御用達の店で女の子のノリも良く、
カラオケも曲数は少ないが日本の曲も歌えたのでかなり楽しく遊べた。
連絡先は交換できたので上手く交渉すれば持ち帰る事は出来そうでした。

場所はヤンゴン市内と空港の中間あたりにある店なので
徒歩で行くのは厳しいですが、タクシーでもそれほど高くない。
女の子の数も多く、エンペラーやJJに居る女の子よりも少しレベルが高かった。

次に置屋ですが、
調査に行きましたが個人で見つけるのはほぼ無理だと思います。
置屋があると言われている通りを見てまわってみたのだが、
どれも似た様な建物が並んでおり、全てが置屋にも見えるし民家にも見えます。
正直お手上げだったのでバングラ人のガイドを捕まえて連れて行ってもらいました。

東南アジア特有の置屋とは少し違い、
どちらかというとインドやバングラディッシュ、ネパール系の置屋と同じ感じだった。

名目上マッサージ店として営業しているが、
店内は暗く、狭い廊下から艶かしい声が聞こえてきた。

言い値は70000チャットと聞いていた相場の倍を言われました。
ゴムを持っていなかったのでさらに10000チャットを請求される。
迂闊でした••••••遊ぶ場合はゴムは持っているのが基本ですね。
ちなみにゴムは2個付いていたので2回出来ると言うことです。

店内では数人の男性店員がおり、雰囲気は良くない。
薄暗いせいか初見だと結構怖いです。


女の子の顔見せが一人ずつだったので時間がかかりますが、全員をチェックした方が良い。
あまりレベルは高くなかったが置屋にしては高い値段を請求されているので妥協はしたくはない。
その中で一人だけ可愛い娘が居たので選び部屋に入るが、
2畳ぐらいの部屋でマットが一枚敷いてあるだけ。
あまりにも狭かったので『もっと広い部屋にしてくれ』と言ったら
最初の部屋の2倍くらいの部屋を用意してくれた。

相場の2倍近く支払っているので優遇してくれているのだろうか••••••。
プレイタイムは2時間で2回。余った時間はマッサージをしてくれた。

プレイは可もなく不可もなくでDキス、生Fもしてくれた。
ただ言葉が全く通じないので身振り手振りで会話を試みていた。
部屋が暗く指差し会話帳など使えないので苦労しました。
しかし言葉が通じなくてもどうにかなるのが面白いところですよね。

マッサージ→H→マッサージ→Hと2時間フルに楽しんだ。
その間ガイドにはどっかで時間を潰してもらい終わった頃に迎えに来てもらう。

合計で80000チャットと女の子へのチップ代が5000チャット、
ガイドへのチップが10ドル••••••。
ガイドは『気持ちで良い』と言っていたが10ドルを請求してきた。
うんざりしたが他にも色々調査するので彼に10ドルを渡し数日間お世話になることにした。

正直聞いていた話より値段は高かったがそれなりに楽しむことはできた。
だが本当かどうかはわからないが
ガイドが言うにはマージンはビール1本分らしい。
日本円で100円くらいなので割りに合わないだろう。

帰りにチャイナタウンで飯を奢って次の日も別の置屋へ連れて行ってもらったが
その置屋はあまり良くなかった。
価格は1件目の置屋とほぼ同じ価格でした。
しかし女の子のレベルは低くサービスも悪くあまりにも酷かったので途中で店を出たくらいだ。

外で呼び込みと話をしながら客引きの様子を観察していたが、
結構利用客がおりそのほとんどがガイドを引き連れた中国人でした。

店によって昼に営業している店と夜に営業している店がある。
質が良かったのは断然昼の置屋でしたので昼に置屋へ行き、夜にディスコで遊ぶのが良いだろう。
まあ置屋の癖に1万円もかかるなんて完全にボラれた感が満載ですが、
マッサージと本番2回でその価格ならギリまあ良いか••••••と思い込むことにした。
ガイドに『3千円くらいの店はないのか?』と聞いてみたが
『そんな店は知らない、あったとしても日本人は連れて行かない』とご回答をいただく。

探せばあるのだろうが、
ガイドも信用問題があるのであまり危険な店には連れて行かないようにしているのか、
はたまたマージンがもらえないか••••••のどちらかだろう。まあ後者だとは思いますけどね。

チャイナタウンには結構な数の置屋はあるようですが、
置屋慣れをしている猛者以外の方はお金がかかってもガイドを雇うことをお勧めします。
個人で突撃するには敷居が高い気がするので置屋はスルーしてディスコかエロマッサージ屋に行った方が良いだろう。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
タイと同じくらい有名な場所がフィリピンだ。
年に何回も通われる方が多い国でもあるフィリピンではやはりゴーゴーバーが人気なのだろう。

フィリピン人は様々な国の血が流れているので顔つきがバラバラだ。
なので好みのフィリピン人を探すのが大変だがこれもフィリピンの醍醐味と言える。
濃い顔つきが多いが華僑の血も流れているフィリピン人もいるのであっさりとした顔もちらほら見かける。
これも日本人がハマる理由の一つとも言える。

マカティのバーゴス通りへ実際に行ってみたのだが通りにはたくさんのゴーゴーバーが並んでいた。
夜になると多くの観光客と客引き、立ちんぼのようなマッサージ嬢がうろついていた。

夜に歩いてみたがタイより少し刺激の強い街に思えた。
と言うのも夜の23時頃に歩いていたら客引き、マッサージ嬢含めた数人に後をつけられたりしたのだ。
結構しつこくホテルの下までしっかりとついてきていた。今思うと少し怖かった。

バーゴス通りのゴーゴーバーに入ってみたが客は少なくすぐにゴーゴー嬢に取り囲まれた。
嬢のレベルは高いのだが会話がほぼ英語なので英語がダメな人間は日本人専門店に行かないと遊べない。
店内での勧誘もしつこいくらいなので圧倒された。

相場は連れ出し料込みで2000ペソから3000ペソ程で一晩楽しむ事が出来る。
4人程遊びましたがビジネスライク感はあまり感じなかったので東南アジアでは中々楽しめる国だと思います。

マッサージ置屋も平均レベルはほぼ同じレベルでしたが嬢のレベルが高ければ高いほど値段が上がる。言い値の最高額は4000ペソでしたが2000ペソまで下げることはできたが基本ショートなので仲良くなって連絡先を交換しておくと良いだろう。
仕事後に一緒に遊びの誘いがあったりもするのでオススメだ。

プレイも嬢によってはきちんとハンドジョブのみだったり本番有りだったりと始めに言ってくれるのできちんと確認しておこう。

問題は外で勧誘しているマッサージ嬢達だ。
マッサージの勧誘だがもはや立ちんぼにしか見えない。
正直レベルは低く、歳もかなり高齢なのでスルーすべきところである。
ただし先ほども述べた通りかなりしつこいので注意が必要だ。
少しでも目があうと一方的に付きまとわれてしまう。
夜道に付きまとわられるのはかなり怖いものがあるので
本当に困ったらホテルのガードマン等に追い払ってもらおう。

フィリピンは店のレベルではっきり分かれる傾向がある。
純粋に高くていい店に入ればレベルが高い嬢が構えており、
安い店に入ると分相応の嬢が出迎える。

今回はバーゴス通りしか行っていませんが、日本人向けのパブや日式カラオケは
この辺りにはないので素直にリトルトーキョーに行って遊んだほうが良いだろう。
日本語も通じるのではじめてフィリピンで遊ぶ場合は一度足を運ぶべきだ。


アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
タイマッサージにハマってしまう人は多い。
特に現地のマッサージは日本に比べるとかなり安く利用ができるので
タイに行けば必ず店に足を運ぶ。

ジャップカッサイは男性器のマッサージで本来滋養強壮の効果が有るのだが、
マッサージ中ダイレクトに触ってくるためにほとんどの人が勃起してしまう。

仕方のないことなのだが最近は抜きありでこのジャップカッサイをしてくれる店が
ここバンコクに増えてきている。

有名な店だと『オーキッドマッサージ』だろう。
多くの日本人男性器を揉みしだいているようで評価は高いのだが、
大衆店で行われているマッサージはなんちゃってのものが多い。

だが、抜きだけを考えていれば普通の手コキと変わらないので
正直手コキが上手ければそれで良いのだ。
気持ちよくスッキリしてもらえれば何も文句は言いません。

今回はプロムポン駅の近くになる「オリエントマッサージ」に実際訪れて体験してみた。

ベットに寝かされ1時間しっかり揉まれたが、
感想を言うとかなり長い手コキのようなものでした。

開始は玉を中心に揉まれ、伸ばされ、引っ張られ後半にはいると竿を中心に攻められる。
こういうプレイを受けたことのない人は一度受けてみると良い。
ハマる理由が少しわかると思います。

自分が付いてくれた娘に話を聞いてみたところ
『私はこのマッサージの資格を持っている』と言っていた。
本当かどうかはわからないがしっかりマッサージしてくれたので信じることにした。

だが、本当のジャップカッサイを受けた人の情報だと本場のものはかなり痛いようだ。
もともとタイ南部に伝わる秘術のようでこのマッサージは出来る人が限られている。
ぜひ本場のジャップカッサイをを味わってみたいものだ

ちなみに本場はもっと歳のいったおばさんがジャップカッサイをしてくれるようだ。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゴーゴーバーと言えば『パッポン』『ナナ』『ソイカウボーイ』がすぐに挙げられるが、こちらははあくまで観光客向けの場所になる。
このスティサンは観光客向けではなく地元向けの場所になり値段も他の場所に比べると安い。

ローカル向けなので値段は兎も角、姫の質が気になるところだ。
バンコクのローカル置屋に何件か行ってみたが正直言われているほど悪くはなかったので
ここも期待は出来そうだったので調査に行きました。

スティサンの場所は都心から少し離れており、最寄駅はBTSサパーンクワイ駅になるのだが、そこからも離れているのでタクシー等で向かう方が良い。

店の数はあまり多くはなく適当に目のついた店に入ってみましたが、姫の数は多くどこも30人程在籍しており、
姫のレベルは高いとは言えないが、整形していたり化粧を濃くして若造りしている娘が少なく ナナやパッポンに比べて素人っぽさが感じられた。
ローカル向けで垢抜けていない感じの田舎娘と言えば伝わるだろうか。

実際に『学生だ』という娘が数人働いていた。
タイの大学生は日本と同じで幼く見えるのでそっち系が好きな人にはたまらないだろう。
また若い娘だけではなく30〜40代の方もいるので年上好きにも良いエリアで
幅も広く色々楽しめた。

店内は確かに観光客は少なかったが、白人や日本人をチラホラ見かけた。
有名なローカルエリアだけあって穴場的な場所になっており、
入店したての娘は英語が通じないケースが多かった。

店に来てからまだ3日目と言う娘を席につけたが会話が一切出来なくて困ったが、
指差し会話帳を持っていたので活用し、何とか連れ帰ることが出来た。
部屋でも指差し会話帳と簡単な英単語のみでどうにかなったので気を張る必要はない。

ここスティサンも店によってジャンル分けされているようで店によって若い娘が揃っていたりするので何件かチェックをしてから本命を見つけた方が良い。

ただし、ローカルなだけあって地元のタイ人が多く結構酔っ払いが多いので敵はタイ人になる。店の娘を口説きまくっているタイ人が多くて面白いのだが絡まれないように注意しよう。

相場も1500B〜2000Bと少し安いのだが基本ショートなのでロングNGの娘が多い。ローカルなので外人慣れしていないのか店でうまく口説かないといけない。ロングへの道は厳しい。


今回調査してみて思ったことは場所が少し悪いが行く価値はある。
ただし連れ込み可能なホテルもいくつかあるので自分の滞在しているホテルに連れ込むより、近辺のホテルを利用したほうが良い。
『ナナ』や『パッポン』等と少し空気が違うのでその辺に飽きた人には楽しめると思います。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
世界遺産の中でもトップクラスで有名なアンコールワットのある街『シエムリアプ』
この街にも夜遊びスポットがあるのだが、最近質が上がってきているという噂を耳にした。
理由はタイの物価が高騰したことでバンコクから近い位置のシエムリアプに客が流れており夜遊びスポットが拡大してきているというのだ。

タイのノービザ問題も相まってか最近シェムリアプの発展は目まぐるしいものがある。
夜遅くまで店が開き多くの観光客が道を闊歩している。
昔のシェムリアプを知るものからすると考えられないくらい変わっているのだ。
実際に行ってきたが本当に驚かされた。

夜遊び事情にも変化が見られている様だったので楽しみにしていた。

カンボジアと言えば置屋になるのだろうか。
ディスコ、KTV、立ちんぼ、MP色々あるがやはり有名なのは置屋。
場所は少し違うが伝説の置屋街『スワイパー』があった国だ。

しかし、2005年に訪れた時は置屋の相場が大体10ドルで遊べたのだが、
2015年現在は30ドルから40ドルと値上げの傾向が見られた。
場所によっては言い値が50ドルから70ドルとかなりふっかけられた。

更に10年前は若い娘が多かったのに対して年齢も上がってきているようにも見えた。
非常に残念だ。

置屋を早々に後にし今度はディスコにも行ってきた。
ここはヤンゴンのディスコと同じで気に入った女の子を持ち帰ることができる場所で
相場がロングで70ドルから100ドル。

ここも10年前に比べるとだいぶ値上げが進んでいたが、
置屋に比べ平均年齢が低く女の子のレベルが少し高くなる。
シエムリアプで遊ぶならディスコで遊ぶのが一番良いと個人的には思いました。

他にもMPがあるのだが、正確な場所は解らずいつもバイタクに連れて行ってもらっていた。
有名店はどこもバイタクでないと行くことができない上、潰れていることが多かった。

システムと相場や女の子のレベルはどの店も基本的には変わらないので
報告するとシステムはタイのMPと同じで店に入るとひな壇があり
20人から30人ほどが待機している。

レベルは高くもなく低くもなくといった行った感じでベトナム出身の娘が多く見られた。
相場は70ドル程ですが、バイタクを利用せず店に着くと20ドルから30ドル程下がる。店側がバイタクにマージンとして支払っておりだいぶ高くついてしまうので、位置を確認して自力で行くか途中で降りて徒歩で向かうのが安く遊ぶコツだ。

店内はタイのローカルMPと同じくらいのレベルでどの部屋も薄暗い。
あの値段だと少し割高だが女の子の歳も若いので仕方がないのだろうか••••••。

また、
夜道を歩いていると数人の立ちんぼが確認出来たが、30代から40代っぽくかなり年上に見えたのでスルーしてしまった。
レベルも低かったのであまり利用されていないのだろうか、結構しつこく付きまとわれてしまった。あの暗いシェムリアプの道で付きまとわれるのは結構怖い。
それにあまりいい噂を聞かないので気をつけたいところだ。

街全体が観光地として売り出しているので置屋はかなり減ったように見えたが
全く無いわけではない。
しかし、売春婦の高齢化は進んでいる。
理由として若い娘は皆マッサージ嬢として働きに出ているようだった。

ごく普通のマッサージ屋の呼び込みとして多くの女の子が道を占拠しており、
中国の某置屋街のような強烈な呼び込みをしていた。
通る時には注意しよう、お気に入りのシャツを着ていると伸び伸びになる可能性がある。

アンコールワットと言う観光名所を持つ街なので簡単に夜遊びスポットが消えることはないと思うのだが、値上げ傾向は今後どうなるのかはわからない。
だが女遊びのためだけにわざわざこの街に来る猛者は少ないだろう。

居るとすれば以前仲良くなった女の子と遊ぶためにハマった方ぐらいではないだろうか。
あとは観光ついでの夜のお供くらいに感覚で遊ぶくらいだろう。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
タイのバンコクからカンボジアのシェムリアプに行く途中に必ず通る国境の街ポイペト。
毎日何人もの観光客や商人が行き来をしているこの街には置屋が存在している。
基本的にはアジアの国境の街には大体置屋がある。

ここにはカジノもあるせいか両国の稼ぎ場所になっているらしく、
多くの女の子たちがこの街に留まっている。
タイ、カンボジアの金持ちが女を買いに来る街でもあるのだ。

今まで何度か通ったことはあるのだが、
実際に利用したことは1度も無かったので一体どんなレベルの女の子がいるのか
調査をしに行きました。

この街では主に2種類の売春婦が存在しており、
一つが置屋、もう一つがカジノホテルが斡旋している売春婦だ。

置屋は少し離れた場所にあるのでバイタクに連れて行ってもらうようにしよう。
値段の相場は500Bからでバイタクの紹介手数料込みの値段になる。
ただし置屋の部屋はかなり汚いので置屋でショートはあまりお勧めはしない。

連れ出しも可能なのでロングで連れ出したほうが良い。
ロングの場合はショートの2倍と見ておこう。


次にカジノホテルの斡旋だ。
文字通り泊まっているホテルで女の子を斡旋してくれるシステムなのだが、
レベルは高いが値段も高い。

カジノのホテルだとどうしても高くなってしまうようだがそれに見合った女の子を連れて来てくれるようだ。
相場は5000Bから10000B程。
顔を見せてもらったが確かにレベルは高かった。
だが正直この価格だったらバンコクでもう少し楽しめるのでは?と思った。

まあ安さだけを求めているのであれば断然置屋を利用したほうが良い。
バンコクで遊び飽きてしまった人向けの場所だろう。

ポイペトには500Bからの宿がたくさんあり、どの宿も大体連れ込み可能だが
一応確認はしておこう。
またこの街ではドルもバーツもリエルも使用できる。
物価もタイに比べて少し安いので物価高騰が進むバンコクより良い街だ。

カジノと女遊びをするのであればオススメ出来ます。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
カンボジアに各国から企業が入ってきており、
国中の女の子達がプノンペンに流れていると言う情報をシェムリアプで聞かされましたが
あながち嘘ではないと思いました。

シェムリアプは世界的に有名なアンコールワットのある街ですが、
少し前までは殺伐とした感じの街でした。
しかし今ではバンコクのカオサンに引けを取らないくらい明るく騒がしい街に成長を遂げた。

そのせいか立ちんぼが消えてマッサージ屋が乱設され、
中国置屋顔負けの呼び込みをしています。
女の子はあまり可愛くなかったのでスルーしてましたが交渉次第でエロ有りじゃないかと思いました。呼び込み方が異常でしたし。

そんな事もあってかシェムリアプの夜のお仕事をしていた綺麗系や可愛い系の女の子達は
皆んなプノンペンに集結しているようです。

プノンペンのBARを調査しに行きましたが、確かに女の子レベルは上がっていた。
だがそれに比例するかのように相場も上がっています。

以前はショート10ドル程で連れ出せましたが、
今では言い値が50ドルから70ドルで底値が30ドルでした。
いくら何でもそれは調子に乗り過ぎていないか?
あの頃のカンボジアを知っている身からするとこの価格はあり得ないと思った。

しかし、
どのBARへ行っても同じような提示をされたので
とりあえず目に付いた女の子を選んで少し飲みながら話してみる。
23歳のクメール人でちょっとおっぱいがでかい娘だ。
少し飲んでいるとその娘が『300ドルくれたらどんなプレイでもする』と言い出した。

300ドルですごい身体張るな、この娘。
この辺りは何か昔のカンボジアっぽいと思ってしまった。

何とかショートで30ドルとプレイ次第でチップを渡すと言う事で決着がつき、部屋へ向かう。

チップ欲しさに頑張ってくれるのかと思ったが、
おざなりプレイでかなり萎えました。
仕方のないことですがチップ5ドルを渡して早々にご帰宅いただきました。

ラオスやベトナム、ミャンマーと同様ロリ系が多い国ではあるが、
この価格で遊ぼうとは思わない。
顔、スタイル、価格で見たらベトナムで遊んだほうがよさそうですね。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
221位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。