FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外風俗紀行】ヤンゴン エロい店の見つけ方 2015年6月

2015/06/17

S__7970821.jpg


ヤンゴンに来てからチャイナタウンを中心に色々と回りましたが

正直、置屋の場合初見では絶対に見つけられないと思うので

今回はその見つけ方を書いてみようと思います。


S__8019992.jpg


この写真を見て何処に店があるかわかりますか?

ヒントも何もないですが、

まあ白い車の裏の建物置屋です。

シャッターがデフォルトで閉まっております。



次に店の入り方ですが

店の前に現地人が待機しているので

一声かけてみると入れます。

もしくはチッチッと合図されます。

片っ端から歩いてみてみると結構合図がありますので

聞き逃さないようにしましょう。

また
店にもよりますが英語が通じる店もあるので

値段を必ず確認しておいたほうが良い。



値段はピンキリで

35000〜65000チャット(3500〜6500円)

また

もしゴムがない場合は他に10000チャット(1000円)取られますので

置屋に行く場合はゴムを持参する方が良いかと。

女の子がチップの要求をしてくるので

良かった場合のみ渡しましょう。



一人で入るにはかなり勇気がいりますので

現地ガイドや店を知っている日本人と回った方が安心ではあります。

しかし

ガイドも良いガイド悪いガイドがいるのでそこの見極めは重要だ。



チャイナタウンでは

このような置屋がたくさんあるので

いろいろ探してみるのも面白いですね。

参考程度に1店舗だけ場所を載せておきます。



S__8019996.jpg



目標はこの建物です。



S__8019991.jpg



ここを右に入り真っ直ぐ進んだ左側にあります。

チャイナタウンの置屋では基本夜の営業になるので

20時以降に行きましょう。



最後になりますが

あくまで置屋ですので環境は悪く、

危ないということを頭に入れておいてから遊びましょう。

香港やシンガポールのように合法ではないので

こういったシステムになっております。

それでも置屋が好きだ!!という人には

逆にたまらないシステムですがね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
239位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。