FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S__9641987.jpg


『ゴーゴーバー』『MP』『日式カラオケ』と色々あるがバンコクの夜遊びで外せないのがこの『テーメーカフェ』だ。

タイではビアバーなどで働く女の子を口説いたりして仲良くなると連れ出すことができるシステムの店が多いが、この店の場合は出会い喫茶、援交喫茶と呼ばれる素人のタイ人女性が集まる店で風俗とはちょっと違うが歴史がある店なのだ。

S__9797655.jpg


昔一度閉店したのだが復活し、多くの観光客がこの店を訪れている。
タイでも指折りの『不良の巣窟』と呼ばれていたこのテーメーカフェだが、
今ではこの店も日本人の利用客が多く、日本語が話せる女の子も少なくはない。

実際に何度か足を運んでみたが、常に50人以上は女の子が並んでおり、
平均年齢も20代が多く、OLや学生が生活費を目当てで利用しているようだ。
週末になると女の子が100人程並んでいるのでその光景は圧巻だ。

実際にこの大人数をくまなくチェックしてみたが、一斉にこちらの目を見てくるので正直戸惑った。慣れていない状態であんな人数に見つめられたら怯んでしまうだろう。

S__9641986.jpg


彼女たちの殆どがプロではないので、プレイ関してはあまり期待しないほうが良い。
毎晩ショートで抱かれ続けている為、早く済ませようとする傾向はあるがこれはゴーゴー嬢にも同じことが言える。
友達同士で来ている娘も多く、うまく交渉すれば3Pも可能だ。

また、彼女達は素人さんなのでライン等の連絡先を交換し、仕事が休みの時に一緒に遊びに行くことはゴーゴー嬢に比べると断然しやすい。

中にはコヨーテやゴーゴーバー、MPなどで働いている娘も小遣い稼ぎやサポート目的で利用しており、ハイレベルな娘もいるのでバンコクに来たら必ずチェックはしておきたい店のひとつだ。

店内を1周し、気に入った女の子をかたっぱしからチェックした結果、
連れ出したのは2名。ビジネスライクな感じはしたがゴーゴー嬢よりスレた感じが無く
楽しく遊べた。

また、話を聞いたところ女の子の月収が5000Bなので、
2回転すれば月収を稼げてしまういテーメーカフェを利用している娘は
1晩で2回転を達成するとすぐ帰ってしまうようだ。

場所はナナ駅とアソーク駅の中間にあり、駅から徒歩10分。
店の中は暗く、古い大部屋ではあるが問題なく店内を回れる。
問題点をあげるなら男子用トイレが外からほぼ丸見えだということぐらいだろう。

相場はショート2500B、ロングの場合は5000B

夜遅くなるとロングが3000Bになることがあり、
閉店間際に行ってあまった女の子を連れて帰る方法もある。
しかし、営業時間は2時までとなっているが客入り等で営業時間が変動することもあるので注意しよう。

また、入店時に必ず1杯注文をするルールがあるのだが
ビールが100B〜、ジュースが60Bなのでゴーゴーバーよりは安く遊ぶことができる。

連れ出し料が発生しないのでゴーゴーバーより安く遊べる。
近くにラブホテルがあり600Bで使用が可能。
ゴムがない場合はホテルで100B払うと
1箱(3個)渡してくれるが日本から持参したほうが良い。

この店にはLB(レディーボーイ)が居ないと聞いていたのだが、
店外に立っている女の子はほとんどLBらしい。
理由を聞いたところこの『テーメーカフェ』はLBの入店が禁止されているらしく
LBがダメな人も安心して遊ぶことができるようだ。


アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
バンコクにあるバックパッカーの聖地と言われるのがカオサンだ。
しかし、日本人の聖地がここチャイナタウンだった事は今では知る人は少ないだろう。
チャイナタウンからカオサンへ時代ともに移動していった聖地だが
昔からここは夜遊びスポットでもあった。

立ちんぼや置屋、MPまでなんでも揃っているここヤワラー地区の相場はかなり安く
日本人相手でもボッてくることはあまりない。

だが、
レベルはかなり低く、年齢層も上がる。いわば熟女好きのエリアと言える。
相場は300Bから700Bで部屋は安宿といった感じなので
カンボジアやラオスの置屋に比べたらかなりマシだと言える。

置屋や立ちんぼは昼から待機している。
道を歩いていると結構立っていたり座っていたりするのですぐにわかる。
あとは少し前に『冷気茶屋』と呼ばれる店がこの辺りには多くあったが
今では数店舗ほどしか残っていない。まあ置屋みたいなものだ。

基本、呼び込み=売春婦 なのでタイプじゃなければスルーしたほうが良い。
調査したときに『女の子いる?』と聞いたところ
『たくさんいる』と言われ、ついていったらそのおばさんが突然脱ぎ始めるという事件に巻き込まれた。

夜も調査に行きましたが平均年齢がほんの少しだけ落ちた気がします。
それでも30代から50代のタイ人女性が多いのでやはり熟女エリアだと思う。

そんな熟女エリアですが調査したときに見つけたMPが
結構良かったので紹介します。


『クレオパトラ』

bkk-chinatw1


一律1200B(4500円)
飲み物:100B~(400円)
チップ:50B(200円)

バンコクのローカル向けマッサージパーラーなので
レベルは低くなるのだが、ポセイドンいるクラスと巡り合うこともあるのでレベルが低いとは一概に言えない。
しかし、歳はやや上なので金魚鉢ではきちんと確認しよう。
顔合わせで初めて気がつく顔のシワの多さにビビる事があるので注意しよう。

日本人客が多く来るらしく日本語が話せる嬢も多い。
日本のソープと同じようなプレイ内容となるので、
ハマる客が続出しているようだ。
店は綺麗とは言えないが、最低限のものは揃っている。
バスタブも広く湯船の中でのプレイも可能だ。

このレベルでこの価格なら正直言うことはない。
ただし嬢のチップ攻撃がしつこい場合があるのでそこだけ注意しておこう。

この価格でこのレベルならバンコクで一番利用価値のあるMPだと思います。
しかし、結構歳がいっていたり、よく見ると老けていたりするので気をつけよう。
またタイ人ローカル向けなので利用しているタイ人も多い上、最近日本人客も増えてきているので競争率は高い。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
タイマッサージにハマってしまう人は多い。
特に現地のマッサージは日本に比べるとかなり安く利用ができるので
タイに行けば必ず店に足を運ぶ。

ジャップカッサイは男性器のマッサージで本来滋養強壮の効果が有るのだが、
マッサージ中ダイレクトに触ってくるためにほとんどの人が勃起してしまう。

仕方のないことなのだが最近は抜きありでこのジャップカッサイをしてくれる店が
ここバンコクに増えてきている。

有名な店だと『オーキッドマッサージ』だろう。
多くの日本人男性器を揉みしだいているようで評価は高いのだが、
大衆店で行われているマッサージはなんちゃってのものが多い。

だが、抜きだけを考えていれば普通の手コキと変わらないので
正直手コキが上手ければそれで良いのだ。
気持ちよくスッキリしてもらえれば何も文句は言いません。

今回はプロムポン駅の近くになる「オリエントマッサージ」に実際訪れて体験してみた。

ベットに寝かされ1時間しっかり揉まれたが、
感想を言うとかなり長い手コキのようなものでした。

開始は玉を中心に揉まれ、伸ばされ、引っ張られ後半にはいると竿を中心に攻められる。
こういうプレイを受けたことのない人は一度受けてみると良い。
ハマる理由が少しわかると思います。

自分が付いてくれた娘に話を聞いてみたところ
『私はこのマッサージの資格を持っている』と言っていた。
本当かどうかはわからないがしっかりマッサージしてくれたので信じることにした。

だが、本当のジャップカッサイを受けた人の情報だと本場のものはかなり痛いようだ。
もともとタイ南部に伝わる秘術のようでこのマッサージは出来る人が限られている。
ぜひ本場のジャップカッサイをを味わってみたいものだ

ちなみに本場はもっと歳のいったおばさんがジャップカッサイをしてくれるようだ。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゴーゴーバーと言えば『パッポン』『ナナ』『ソイカウボーイ』がすぐに挙げられるが、こちらははあくまで観光客向けの場所になる。
このスティサンは観光客向けではなく地元向けの場所になり値段も他の場所に比べると安い。

ローカル向けなので値段は兎も角、姫の質が気になるところだ。
バンコクのローカル置屋に何件か行ってみたが正直言われているほど悪くはなかったので
ここも期待は出来そうだったので調査に行きました。

スティサンの場所は都心から少し離れており、最寄駅はBTSサパーンクワイ駅になるのだが、そこからも離れているのでタクシー等で向かう方が良い。

店の数はあまり多くはなく適当に目のついた店に入ってみましたが、姫の数は多くどこも30人程在籍しており、
姫のレベルは高いとは言えないが、整形していたり化粧を濃くして若造りしている娘が少なく ナナやパッポンに比べて素人っぽさが感じられた。
ローカル向けで垢抜けていない感じの田舎娘と言えば伝わるだろうか。

実際に『学生だ』という娘が数人働いていた。
タイの大学生は日本と同じで幼く見えるのでそっち系が好きな人にはたまらないだろう。
また若い娘だけではなく30〜40代の方もいるので年上好きにも良いエリアで
幅も広く色々楽しめた。

店内は確かに観光客は少なかったが、白人や日本人をチラホラ見かけた。
有名なローカルエリアだけあって穴場的な場所になっており、
入店したての娘は英語が通じないケースが多かった。

店に来てからまだ3日目と言う娘を席につけたが会話が一切出来なくて困ったが、
指差し会話帳を持っていたので活用し、何とか連れ帰ることが出来た。
部屋でも指差し会話帳と簡単な英単語のみでどうにかなったので気を張る必要はない。

ここスティサンも店によってジャンル分けされているようで店によって若い娘が揃っていたりするので何件かチェックをしてから本命を見つけた方が良い。

ただし、ローカルなだけあって地元のタイ人が多く結構酔っ払いが多いので敵はタイ人になる。店の娘を口説きまくっているタイ人が多くて面白いのだが絡まれないように注意しよう。

相場も1500B〜2000Bと少し安いのだが基本ショートなのでロングNGの娘が多い。ローカルなので外人慣れしていないのか店でうまく口説かないといけない。ロングへの道は厳しい。


今回調査してみて思ったことは場所が少し悪いが行く価値はある。
ただし連れ込み可能なホテルもいくつかあるので自分の滞在しているホテルに連れ込むより、近辺のホテルを利用したほうが良い。
『ナナ』や『パッポン』等と少し空気が違うのでその辺に飽きた人には楽しめると思います。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
バンコクのアラブ街が年々拡張していることをご存知だろうか?
ナナに遊びに行くとアラブ系の方をよく目にするが、
実際にこのアラブ街に行ってみるとここは本当にタイか?と思ってしまうほどでした。

そしてここバンコクにもアラブ人御用達の売春婦がたむろっている。
昔からよくアラブ人はふくよかな女性が好みと言われており
ぽっちゃりとした立ちんぼが多いことでも有名なのだが、最近はスレンダー系やロリ系も集まってきているようです。

今回調査に行ってみたのはグレイスホテル周辺だ。
スクンビット通りを挟み、ナナプラザのちょうど反対にあるので位置的には分かりやすい。
道を歩いていると多くのアラブ系が行き来しており、その中に立ちんぼも結構見かける。
中でもグレイスホテルの前には数多くの売春婦が稼ぐために待機しているのだ。

人種もタイ人と白人、アラブ系が確認出来た。
ちなみに白人はかなり綺麗でグレイスホテルのすぐ横にある水タバコの店で確認しました。
平均的には少し低い感じだが数人に一人は可愛い系や綺麗系がいるので
ナナに行った際には必ず確認しているようにしています。

相場は1000Bから1500Bなのでナナプラザなどのゴーゴーバーより価格は安い。
どこか店で1杯奢ってからホテルに行ったとしても安く遊ぶことができる。
注意すべき点はホテルに連れ込む際にID(タイ人以外ならパスポート)がないと入れなかったりするのでIDの確認はしておこう。

あとはマッサージ屋もいくつかあり、
エロ系は店に入るとすぐに確認されるので分かりやすい。
逆にノーマルのマッサージ屋はエロ禁止と正面からうたっている。

また、
アラブ系の立ちんぼ達はサリーや民族衣装を見にまとっているので見分けがつきづらいが
綺麗な女性をみかけたのなら積極的に声をかけていこう。
夜一人で立っている女性は大体売春婦と思って良い。



アダルトブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プロフィール

ドリル勇

Author:ドリル勇
ちょっと世界中の女を抱いてくる。
好きな言葉:自由恋愛

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
画像
269位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。